岡山 引っ越し 料金

岡山で安い引越し業者を探す簡単な方法

岡山 引越し 相場

岡山 引越し 安い

岡山 引越し 料金

岡山 引越し 格安

 

 

岡山県の引越し業者で検索すると220件ほどヒットします。
220件すべての引越し業者に見積もりを取れば、岡山県内で一番安い引越し業者を探すことができますね。

 

でもこれは理想論で、現実的な話ではありません。

 

だからといって引越し業者を比較しないで選ぶのはもったいない話です。

 

220件すべての業者から見積もりを取るのは無理でも、せめて3〜5社位からは見積もりを取って比較してください。

 

そうすればその引越し料金が安いのか高いのか自分で判断することができます。
また、複数の引越し業者の見積もりが分かれば、相場や最安値の業者が簡単にわかります。

 

そのためにオススメなのが、引越し業者一括見積もりサイトです。

 

岡山 引越し 最安値

 

サイトからの見積もりは365日・24時間いつでも好きな時間に申し込むことができるので、仕事が忙しくて時間がない人にもオススメです。

 

荷物の量や運びたい家財、物件の情報を1回入力するだけで、複数の引越し業者からまとめて見積もりを取ることができます。

 

これであなた自身の引越し料金の相場はもちろん、最安値の引越し業者を簡単に探す事ができます。

 

利用料は無料ですので、ぜひご活用くださいね。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。最もお得にしよう!!

SUUMO引越し

電話番号入力不要!

見積もりしておけば、あなたの都合のいい時間にメールや電話で連絡できるので、時間を気にしなくていい
・クロネコヤマトの引越が人気
クロネコヤマト

引越し達人

・なんと最大55%安くなる!
30秒のかんたん見積もり
・引越し手続きガイド プレゼント

 

 

引越しの手順

 

引越し 手順

 

引越しの時はとても忙しいので、先に大まかな手順を知っておきましょう。

 

引越しが決定なのであれば、まず管理会社に物件を退去することを連絡して下さい。
管理会社は次の入居者を探す準備を始めなければなりませんので、退去の時は早めに連絡するように契約を交わしています。

 

それから新居を探して、最後に引越し業者をさがします。
引越し業者に見積もりを取るには、新居の条件が必要です。

新居に階数やエレベーターの有無がわからないと引越し費用を計算することが出来ないので、まずは新居を決めてください。

 

季節外れの洋服や普段はほとんど使用しないものからどんどんダンボールに梱包して、不用品や粗大ゴミは思い切って処分しましょう。
なぜなら不用品を新居に運ぶにも費用がかかるからです。

 

引越しする前に、いらないものは処分して荷物を減らしてくださいね。

 

もし市外に引越しする場合は、引越し2週間前に役所に転出届などの書類を提出しましょう。
郵便局で新居に郵便物が転送されるように手続きするのもお忘れなく。

 

1〜2週間前になったら、電気・ガス・水道・ネットなどの会社にも引越しすることを連絡して、引越し当日までの料金を精算してもらうようにします。
詳しいことは各会社に電話やメールで問い合わせてください。

 

引越し当日、荷物や家財の運搬は引越し業者が行いますから、あなたは家具や家電の配置を指示してください。
先にどこに何を置くかを決めてメモに書いてスタッフに渡しておくと無駄がありません。

 

ただし、引越し業者が運べないものもあります。
貴重品や現金、通帳、印鑑、高級品、破損しては困るデータ類などは自分で運びましょう。

 

引越し日か翌日に、引越し作業の合間をぬってご近所へ挨拶に行ってください。

 

引越し後2週間以内に、市内引越しの場合は転居届・市外引越しの場合は転入届を新居に最寄りに役所に提出してくださいね。

 

郵便物の転送は1年間だけのサービスです。
ですから、免許証、パスポート、銀行、保険、カード会社などに住所変更が必要なところに連絡してください。

 

 

引越しの繁忙期

 

引越し 繁忙期

 

引越し業者には繁忙期があります。1年でも最も忙しい時期のことです。
引越しの繁忙期は毎年3〜4月、春休みです。

 

日本の受験システムでは2〜3月に試験が終わり新学期が4月から始まるため、新大学生は春休みに引越しをします。
新社会人もそうです。
全国の大学や会社で一斉に行われますから、この時期の引越し業者は大忙しです。

 

しかもこれだけではなく、同じ時期にサラリーマンの春の転勤も重なります。
最悪の場合、引越し業者が見つからない、信じられないくらい高額を提示されるなどという事が本当に起こります。

 

引越し業者も繁忙期はスタッフを増員するなどして対応しますので、人件費などの増加分引越し費用も高くなるのです。

 

遠距離引越しにいたっては7ケタの請求が来ることも本当にあるので、できるだけ繁忙期の引越しは避けましょう。

 

どうしても避けられない人はまずは必要なものだけ送って、繁忙期が終わってから必要なものを送ってもらうとか、新居の近くで家具家電を調達するなどなどの工夫が必要です。

 

 

引越しの挨拶

 

引越し 挨拶

 

引越しをしたら早めに挨拶に行きましょう。

 

できれば引越し当日、ですが遅い時間は非常識なので新居への到着時間が遅くなった場合は翌日にしましょう。
いずれにせよ、早めに挨拶に行くのが良いですね。

 

さてご近所なんて漠然としていますが、実際に行くのは数件です。

 

一軒家なら向こう3軒両隣、つまりお向かいさんとその両隣、自分の家の両隣の合計5軒に挨拶に行きましょう。
一軒家はゴミ当番が回ってくることもあるので、自治会長さんにも挨拶しておくと良いかもしれません。

 

マンションやアパートなら左右上下の部屋の合計4軒に挨拶に行きましょう。
他にも管理人さんや大家さんが近くに住んでいるなら、挨拶しておくと印象が良いです。

 

引越し前に500〜1000円程度の簡単な手土産を用意しておくと、すぐに挨拶に行けて便利です。
粗品はタオルや洗剤、お菓子やコーヒーや紅茶などがいいでしょう。

 

 

引越し業者のオプション

 

引越し オプション

 

引越しの時は大掃除やダンボールの処分など荷物を運ぶ以外の作業も必要になります。
これらは引越し業者が有料のオプションとして行ってくれます。

 

引越し業者が扱っている有料オプションサービスはいろいろあります。

 

・エアコンの取外・取付
・消毒・殺虫サービス
・ハウスクリーニング
・新聞の手配
・御挨拶品の準備
・ピアノの輸送
・ピアノの調律
・特殊品の輸送
・バイクや車の陸送サービス
・ペットの輸送
・盗聴器の発見サービス
・造園サービス
・荷物の一時預かり
・ハウスリフォーム
・ネット申し込み
・耐震グッズ施行
・資材回収
・不用品の処分

 

たくさんあるように見えますが、すべての引越し業者がこんなにたくさんのサービスがあるわけありません。
自分が受けたいどサービスの有無で業者の選び方が変わりそうですね。

 

有料オプションでもっとも依頼数が多いのはエアコンの移設です。
最近は1部屋に1台というところも普通になって、エアコンが2〜3台あるご家庭も珍しくありません。

 

エアコンは高価な家電なので、新居にも持って行きたいと思うのは当然です。
エアコンは室外機と繋がれていますから、取り外すのも設置するのも専門の業者に依頼しなけばなりません。

 

その面倒な手続きを引越し業者が代行してくれますから、エアコンを移設したいときはオプションサービスで依頼しておきましょう。

 

 

引越しと粗大ゴミの処分方法

 

引越し 粗大ゴミ 処分

 

家の中に処分したい大きな家具や家電の一つくらいあるのではないでしょうか?

 

一辺の大きさが50cm以上、もしくは重さが50kgを超えるものは粗大ゴミです。
また、ガスコンロ・石油ストーブ・石油ファンヒーター・電子レンジは大きさに関係なく粗大ゴミとして扱ってください。
灯油が残っていると危険なので、使い切っておきましょう。

 

粗大ゴミの処分方法には、回収に来てもらう方法(有料)と自分で捨てに行く方法(無料)の2つの方法があります。

 

【A:回収に来てもらう方法(有料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、回収に来てもらえる日を予約する。
 ※商品の種類や大きさ・個数、氏名・住所・電話番号を聞かれます。
 ※シールの枚数と金額、収集日と粗大ゴミを出す場所を教えてくれます。

 

2・スーパーやコンビニで販売している「粗大ゴミシール」を買って、粗大ゴミに貼る。
 ※一度購入した粗大ゴミシールは払い戻しや再発行ができません。
 ※粗大ゴミシールは、一点ごとに必要枚数を目立つところに貼ってください。

 

3・あとは指定された収集日の朝8時までに、申込時に確認した場所に出す。

 

【B:自分で捨てに行く方法(無料)】
1・リサイクルセンターに連絡をして、持ち込みをする日を予約する。
 ※当日の予約は受け付けておりません。
 ※予約可能期間は一週間先までのところもあります。
 ※持ち込み希望日、時間、処分予定の商品名、数、持ち込む車両番号を伝えると、予約番号をが貰えます。

 

2・あとはリサイクルセンターに直接持ち込みます。
※予約番号と氏名を受付に言います。
※粗大ゴミシールは必要ありません。

 

粗大ゴミの中にはこの方法で処分できないものがいくつかあります。

 

それが家電リサイクル法で定められた家電で、エアコン・テレビ(ブラウン管、液晶・プラズマ)・冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機で、これらを処分したいときは、家電を購入した家電量販店か新しく買い替えをする家電量販店でのリサイクル(有料)が必要です。